カクタスクライミングパーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラバーの種類や厚さについて

バーチリソールを利用したリソールでは数種類のラバーの中から

・ラバーの種類

・厚さ

を選択することができます

現在選択できるのは以下の6種類です

・ステルスC4

・ステルス・オニキス(ONYXX)

・ステルス・HF(ハイフリクション)

・ビブラム・ネログリップ

・マッドラバー(フラットソール)

・フォーミュララバー

厚さはステルスC4は2mm、4mm、5mm
ビブラム・ネログリップは4mmと5mmの選択ができます


それぞれのラバーの特徴を紹介いたします


ステルス・C4

・若干柔らかく、粘るものの腰がない印象
 
特に優れている点

・フリクション 体重をかけにくいムーブでの効果は抜群
・エッジング 悪いムーブで信頼できる

若干劣っている点

・耐久性 高性能ゆえ磨耗スピードは早い(減りが早い)
・安定性 気温や時間の経過などにより 性能の変化が若干大きめ
・エッジング性能 花崗岩などの極小エッジへの立ちこみで、エッジが逃げる(特に真夏)


ステルス・オニキス

ステルスC4(4mm)ステルスHF(4mm)と比較した場合

優れている点

・ラバー全体の剛性が高い
・耐久性が向上している
・岩質や気温などの条件にもよるがフリクション性能も同等
・剛性が高い分、オールマィティに使える

若干劣っている点

・全体的に硬め
・低温下で使用した場合、花崗岩などのエッジングやスメアリングではじく


ステルス・HF(ハイフリクション)

・ラバーの性質は、従来のステルスC4とビブラム・ネログリップの中間のような印象で
 C4より腰の強い感じ
・5.10の公式アナウンスとは異なり、オールラウンドで使えるのでは?
 (ゆるい傾斜・細かなスタンスでも性能を発揮すると思われる)

・減り 磨耗のスピードはこれまでになく、早めで経済性重視の方には向かないと思われます

(優れた点も劣る点も評価の安定には、今後より多くの、ユーザーの声が必要ではないかと思われます)


ビブラム・ネログリップ

・ラバーとしてはステルス社製より腰のある印象

特に優れている点
・耐久性 ステルスC4より磨耗スピードは遅め (減りが遅い)
・安定性 気温と時間の経過などにより 性能の変化が少ない
・エッジング性能 花崗岩などの極小エッジへの立ちこみで抜群の性能を発揮

若干劣っている点

・フリクション 体重がかかりにくい状況でのフリクション性能は若干劣る

・備考ビブラム・XSグリップとも異なるソールのようです
 最近発売されるスポルティバ社製、スカルパ社製に搭載されている
 XSグリップ2と同等かは未確認


マッドラバー(フラットソールのみ)

・リソールの際選択する絶対数が少なく評価が難しい
・(たぶん)現在のマッドロックに搭載されている
 「サイエンスフリクション」と同じであるのかは未確認

フォーミュララバー

新登場のクライミングソール
フランス・アンドレア・ボルティーニ社製のクライミングシューズに搭載されているラバー
現段階でラバーの評価をするのは難しい


ソールの厚さについて

・ソールの厚さは、お使いのシューズが新品時につけていた厚さを基準に考えてください。
 現在の多くのクライミングシューズは、ソールが4mm以下です。
 特に希望がなければ、4mmを選択ください。

・4mmが標準です。
 
・5mmは多くの場合、厚すぎてシューズ本来の性能を損なう可能性があります。
 耐久性や経済性を重視する考え方もありますが、シューズ本来の性能を損なう
 恐れもありますので、一般的なクライミングシューズにはお勧めしません。

・2mmは、競技・勝負仕様のシューズです。一般の方には向きません。



カクタス 豊橋ボルダリング 豊橋クライミング クライミングレッスン クライミング施設豊橋


スポンサーサイト
  1. 2010/05/22(土) 17:05:08|
  2. リソールについて

ステルスペイントに挑戦!

カクタス&モンタニアで販売している

「ステルスペイント」に挑戦してみました

ステルスペイント

キットには以下のものが入っています

・粉末状のステルスラバー
・接着剤
・ラバーを均すためのガラスの棒
・説明書


ステルスペイント#2

今回ステルスペイントを施すのはこのX-RAY


ステルスペイント#3

まず靴の中に新聞紙などを詰め
ステルスペイントを施したい部分をマスキングします


ステルスペイント#4

次に付属の接着剤をマスキング下部分に薄く塗り広げ
粘着性が出てくるまで10分ほど放置します


ステルスペイント#5

付属の接着剤とステルスラバーの粉末を混ぜ合わせたもの(リキッドラバー)を
先ほどマスキングし接着剤を塗った部分に付属のガラス棒などで塗り広げ
しっかり乾燥定着させ、マスキングを剥がせば完成です!

さらに詳しい使用方法はこちらから。



カクタス 豊橋ボルダリング 豊橋クライミング クライミングレッスン クライミング施設豊橋


  1. 2010/05/22(土) 16:19:13|
  2. リソールについて

リソール不可能とは?

クライミングシューズなどのリソールを専門的に扱うバーチリソールですが
必ずしも全ての靴がリソールできるとは限りません

修理不能と判断されるには様々な条件がありますがその一部事例を紹介いたします


今回修理不能と判断された「カタナ」

リソール写真#3

つま先を修理するためにラバーをはがしてみると
下地の皮がすでにボロボロなのがわかります


リソール写真

リソールのためにはこのように
先端から約半分のラバーを一度はがします


リソール写真#4

つま先部分だけでなく、靴の裏側と表側のジョイント部分もすでに崩壊しています


リソール写真#2

靴の剛性を助けたり、エッジングをサポートするシャンク(プラスチックの板)
にも多数のひび割れが見えます


このように外側は一見なんの問題がなくても靴内部は
すでにボロボロという場合はリソールが不可能と判断されます

例えシャンクにダメージがなくても、つま先の下地に穴が空いたりすると
修理不能とされる場合もあります。ソールが消耗していなくても
つま先のラバーが薄くなり、下地が見えてきたら修理をお勧めします

なおつま先のみの修理は工程上できませんのでご了承ください


また靴の種類によっては写真のようにラバーを剥がしてみないと
判断をするのが難しいものもありますので、リソールの際はご注意願います
ソールを剥がしてみて修理不能と判断された場合は写真のように
ラバーを剥がした状態での返却となります

クライミングシューズがこのような状態になってしまうのには複数の理由が考えられます

・臭いや汚れが気になりクライミングシューズを何度も洗う
・足汗が多い方でジムなどで長時間素足履きされている方
・長年の使用による劣化
・度重なるリソール

などが主な原因です


特に天然皮を使用している靴などは極度な水分吸収&乾燥を繰り返すとひび割れが早くなったり
接着部分の剥離や縫い目のほつれなどがおこります

それを防止するためにも、できるだけクライミングを洗わず、陰干し乾燥をしたり
数足を履き分け靴を休ませる、足汗の多い方は靴下を履くなど
過酷な状況での使用が多いクライミングシューズをケアしてください

またリソールは足に馴らした靴を長く履き続けられる半面、
リソールも万能というわけにはいきません
リソールをしたからといって新品の性能が蘇ることと同じではありませんので
その点をご理解ください

特に度重なるリソールは徐々に靴の剛性自体を低下
させていきます

リソールは使用状態、靴のメーカー、モデルなどにより千差万別ですので
詳しい話を聞いてみたい方はスタッフまでお尋ねください



カクタス 豊橋ボルダリング 豊橋クライミング クライミングレッスン クライミング施設豊橋


  1. 2010/05/22(土) 15:49:06|
  2. リソールについて

ラバーコートとは?

ラバーコートとは?

ラバーコートとは粉末状のステルスラバーをクライミングシューズのトウ部分などに
塗り、トウフックなどをより有効に効かせるためのカスタマイズのことです

市販品では5.10社製の「JET7」などに標準搭載されていますが
このサービスを利用されることでいまお持ちの靴にも同じような
機能を持たせることができます

外岩やルーフなどでフッキングを多用される方などには大きな武器になる
可能性もあります

バーチリソールにリソールをオーダーされる際このようなカスタマイズも
利用していただけますので、興味をお持ちの方はスタッフまでお尋ねください

ラバーコートは一か所につき、¥315です。片足のみのオーダーも可能です

ラバーコートサンプル

ラバーコートを施したカタナ

ラバーコートサンプル#2

ラバーコートは「リキッドラバー」とも呼ばれています


またカクタス&モンタニアでは「ステルスペイント」と呼ばれる商品も扱っています
こちらはキットの中に粉末状のステルスラバー、 接着剤などが入っており
ご自身でこうしたカスタマイズを施すことが可能です

ステルスペイント

ステルスペイント ¥2100

詳しい使用方法はこちらから。



カクタス 豊橋ボルダリング 豊橋クライミング クライミングレッスン クライミング施設豊橋


  1. 2010/05/22(土) 14:43:37|
  2. リソールについて

接着修理について

長年の使用やトウフックなどによって、つま先・親指上のラバーや
ヒールフックなどによりかかと周辺のラバーが
めくれたように剥離してくることがあります

バーチリソールにリソールをオーダーする際
こうした「はがれ」の接着修理をすることも可能です

接着面積によって値段は異なりますが小さいものであれば
一か所¥315~となっています

リソールをお考えや、詳しいことを知りたい方は
お気軽にスタッフまでお尋ねください

またベルクロのほつれ、破れ、バンド自体の交換などの
修理も可能です


つま先接着

トウフックなどでつま先のラバーがはがれた状態



カクタス 豊橋ボルダリング 豊橋クライミング クライミングレッスン クライミング施設豊橋


  1. 2010/05/22(土) 13:19:37|
  2. リソールについて
次のページ

プロフィール

カクタスクライミングパーク

Author:カクタスクライミングパーク
東三河では初のインドアクライミング施設豊橋のカクタス クライミングパーク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カクタスクライミングパークとは? (1)
はじめての方へ (1)
カクタスの店内写真 (2)
料金表 (4)
スタッフ紹介 (0)
水曜日はレディースデイ (4)
ワンステップ (71)
クライミングシューズの感想 (6)
カクチャン (71)
イベント情報 (31)
カクタスニュース (41)
モンタニアからのお知らせ (31)
ゲスト来店情報 (3)
カクタスへの行き方 (3)
お休みのお知らせ (20)
新着課題情報 (2)
クライミンググッズ紹介コーナー (50)
リソールについて (7)
宣伝&広告情報 (3)
出張クライミングイベント (8)
会員の皆様へ (4)
忘れ物 (8)
カクタスのひとコマ (0)
スタッフのひとりごと (1)
オーナーの独り言 (4)
外岩の話 (12)
未分類 (36)
コンペ (9)
営業時間変更のお知らせ (7)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。